アマサギ

アマサギとアオサギ

6月~7月にかけて長野県各地で見られるアマサギ。大半は移動の途中に信州に立ち寄ると考えられています。全長は45センチ〜55センチ、翼開長は90センチ〜95センチ。アオサギと比べるとかなり小柄ですが、あま色をした美しい鳥です。

千曲市の畑中、中野市と小布施町にまたがる田んぼ「延徳田んぼ」などで目撃された記録があります。また、上田地域で繁殖した例もあり、たくさんのカメラマンが押し寄せました。営巣木のある地主の大ひんしゅくを買っていました。

それでも、青田に入ったアマサギはひときわ目につく存在。初夏の風物詩にもなっています(写真提供:M・Sさん)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://wild-bird-shinshu.com/2016/07/14/%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%82%b5%e3%82%ae/trackback/