信州の探鳥地:勝手沢
大きな瞳のトラツグミが隠れる薄暗い竹林

勝手沢

住宅街のすぐ先にある勝手沢(長野市安茂里)は長野県庁から近い市街地の探鳥地。「こんなところで?」と思われそうですが、日本野鳥の会長野支部が毎年、探鳥会を開くなど、多くの野鳥が生息する知る人ぞ知るスポットです。

勝手沢の入り口は中華料理店「エレミヤ」が目印。沢沿いを歩くと、薄暗い竹林の中にトラツグミが隠れています。大きさはキジバトより小さい30センチ程度、色は暗い茶褐色です。ほとんど鳴かないので、声を頼りに探すことができません。

大きな瞳が特徴的で、こちらをじっと見つめているようです。見つかったときは、本当にうれしくなります。歓迎されているのかと思ってしまいます。

そのほか、観察されるのはシロハラやベニマシコ、カシラダカ、キレンジャク、ヒレンジャク、ルリビタキなど。フクロウの鳴き声が確認されたこともあります。

アクセス:駐車場はありません。長野バスターミナルの有料に車を入れ、歩きます。途中に通る裾花川の土手も、多くの野鳥が観察できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://wild-bird-shinshu.com/2016/09/23/%e7%ab%b9%e6%9e%97%e3%81%ab%e9%9a%a0%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%84%e3%82%b0%e3%83%9f%e3%81%8c%e8%a6%b3%e5%af%9f%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e9%95%b7%e9%87%8e%e7%9c%8c%e5%ba%81%e3%81%8b/trackback/