戸隠でツグミが目撃されました

ツグミ

読者からツグミの写真を送っていただきました。10月17日、長野市の戸隠高原キャンプ場で撮影されたものです。

台風が過ぎ去り、晩秋の趣きが漂う戸隠高原。ツグミのほか、キバシリやムギマキが頻繁に見られ、アカハラ、マミチャジナイ、アカゲラ、ゴジュウカラ、アトリも入れ替わるように観察できたとのこと。

ツグミは夏季にシベリアで繁殖し、冬季になると日本に渡って越冬。雪が降る前に平地に降りてきます。農耕地や河原など開けた場所で昆虫や果物を採食します。全長およそ20センチ、翼開長およそ40センチ。

晩秋の戸隠はヤマブドウやキハダなどの実がなり、えさを求めた野鳥が群れで生息。バードウォッチングには最適な環境です。暖かい服装で晩秋の高原を訪ねてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://wild-bird-shinshu.com/2017/10/26/%e6%88%b8%e9%9a%a0%e3%81%a7%e3%83%84%e3%82%b0%e3%83%9f%e3%81%8c%e7%9b%ae%e6%92%83%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/trackback/