雪の飯綱でオオマシコを発見

オオマシコ♀

最近、冬の飯綱高原でバードウオッチングを楽しんでします。拠点はかつて戸隠神社の鳥居があった「一の鳥居苑地」という旧跡です。真冬に使えるトイレがあるほか、駐車スペースも十分。バードウォッチャーにありがたい施設です。

この日はベニヒワとオオマシコを探しました。ベニヒワはマヒワの群れに交じって移動することが多いので、運がよければ一緒に見ることができます。雪に覆われた苑内を探索しましたが、現れたのはマヒワの群れのみ。諦めかけていたとき、10メートルにも達するキハダの古株で、実をついばむ4羽のオオマシコを発見しました。

鮮やかな朱色のオオマシコ。主にヤマハギの実を食べますので、キハダで観察できたのは意外でした。印象に残る可愛らしい姿でした。ラッキーな1日となりました(写真H・Uさん)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://wild-bird-shinshu.com/2018/01/24/%e9%9b%aa%e3%81%ae%e9%a3%af%e7%b6%b1%e3%81%a7%e3%82%aa%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%82%b3%e3%82%92%e7%99%ba%e8%a6%8b/trackback/